近鉄、駅設置の喫煙ルームを一時使用中止 新型コロナの予防対策

ニュース画像:近畿日本鉄道 - 「近鉄、駅設置の喫煙ルームを一時使用中止 新型コロナの予防対策」
近畿日本鉄道

©RailLab ニュース

近畿日本鉄道は2020年4月20日(月)から、新型コロナウイルス感染症の予防対策として、駅に設置する喫煙ルームの使用を一時的に中止しています。

喫煙ルームを設置する大阪上本町駅、鶴橋駅、布施駅、大和八木駅、生駒駅、学園前駅、大和西大寺駅、京都駅、近鉄丹波橋駅、高の原駅、橿原神宮前駅、大阪阿部野橋駅、近鉄四日市駅、津駅の14駅で、喫煙ルームの使用が一時中止となっています。

同社は不便をかけることを陳謝するとともに、感染症の拡大防止に協力を呼びかけています。

期日: 2020/04/20から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ