関東地方のケーブルカー、新型コロナ影響で4路線で運休や減便

ニュース画像:大山ケーブルカー - 「関東地方のケーブルカー、新型コロナ影響で4路線で運休や減便」
大山ケーブルカー

©RailLab News

2020年4月から5月にかけ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、関東地方のケーブルカー全6路線は、運休、減便など、感染防止や需要減に備えた対応を実施しています。

高尾登山電鉄、筑波山ケーブルカー、箱根十国峠ケーブルカーはゴールデンウィーク期間に営業を休止、箱根登山ケーブルカーは4月11日(土)から減便運行しています。

運行本数を変更しない大山ケーブルカーも、例年4月、5月に実施している運行時間拡大を取り止めているほか、御岳登山鉄道は乗車最大人数を通常の5割程度に調整しています。


■関東地方のケーブルカー 新型コロナに関連した運行情報
<高尾登山電鉄>
2020年4月25日(土)〜5月6日(水・祝) 終日運休。

<筑波山ケーブルカー>
2020年4月25日(土)~2020年5月6日(水・祝) 運休。

<大山ケーブルカー>
例年4月・5月に実施している土休日の運行時間帯の拡大を行わず通常運行。

<箱根登山ケーブルカー>
2020年4月11日(土)から当面の間、減便して運行。

<箱根十国峠ケーブルカー>
2020年4月18日(土)~2020年5月6日(水・祝)は営業休止。

<御岳登山鉄道>
通常ダイヤで運行も、乗車最大人数を通常の5割程度に。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ