JR北海道の新幹線・在来線、GW期間中は前年比7%

ニュース画像:北海道新幹線 H5系 - 「JR北海道の新幹線・在来線、GW期間中は前年比7%」
北海道新幹線 H5系

©JR北海道

JR北海道は2020年5月7日(木)、2020年度のゴールデンウィーク期間中の鉄道利用状況を公表しました。集計期間は4月24日(金)から5月6日(水・振休)までの13日間で、新幹線・在来線の利用状況は2万5,800人、前年比7パーセント(%)でした。

在来線は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特急列車の減便286本を除き、4月25日(土)に苗穂駅構内で発生した人身事故の影響で、特急列車2本を含む67本の列車が運休し、期間中の78本を運休しました。

利用状況のうち、北海道新幹線の利用者数は4,300人で前年比3%、在来線は「北斗」「すずらん」が6,400人で6%、「カムイ」「ライラック」「オホーツク」「宗谷」が1万1,500人で11%、「おおぞら」「とかち」は3,600人で9%となっています。

また、札幌駅の利用者数は46万9,300人で前年比23% 、新千歳空港駅の利用者数は4万8,900人で前年比10%でした。

期日: 2020/04/24 〜 2020/05/06

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ