JR東のGW期間の利用者数31万8,000人、前年比5%

ニュース画像:E5系 - 「JR東のGW期間の利用者数31万8,000人、前年比5%」
E5系

©RailLab News

JR東日本は2020年5月7日(木)、2020年度のゴールデンウィーク期間中の鉄道利用状況を公表しました。集計期間は4月24日(金)から5月6日(水・振休)までの13日間です。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言発令などにより、新幹線・特急列車の利用状況は31万8,000人、前年比5パーセント(%)と大きく減少しました。

東北新幹線は利用者数15万4,000人で前年比5%、北陸新幹線を含む上越新幹線は9万2,000人で6%、北陸新幹線は3万4,000人で4%、秋田新幹線は4,000人で3%、山形新幹線は5,000人で3%と、それぞれ大幅に減少しました。

また、「いなほ」「ひたち」「ときわ」「わかしお」「さざなみ」「成田エクスプレス」「踊り子」「あずさ」「かいじ」などの特急列車も、利用者数は前年から大幅減でした。なお、新幹線や在来線特急列車等の利用が大きく減少していることから、臨時列車や一部の成田エクスプレスでは、運転を取りやめています。

期日: 2020/04/24 〜 2020/05/06

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ