JR東日本、新幹線と中央線特急・常磐線特急の運転本数を削減

ニュース画像:上越新幹線 E4系 - 「JR東日本、新幹線と中央線特急・常磐線特急の運転本数を削減」
上越新幹線 E4系

©RailLab ニュース

JR東日本は、2020年5月28日(木)以降の新幹線、中央線特急、常磐線特急の運転本数を削減します。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、利用が減少する新幹線、中央線特急と常磐線特急は、5月28日(木)以降の指定席の発売を見合わせていますが、ゴールデンウィークの利用状況や社会情勢などを踏まえ運転本数を減らします。

運転本数を削減する列車は、東北・北海道新幹線「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」、秋田新幹線「こまち」、山形新幹線「つばさ」、上越新幹線「とき」「たにがわ」「Maxとき」「Maxたにがわ」、北陸新幹線「かがやき」「はくたか」「あさま」です。在来線は、中央線特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」、常磐線特急「ひたち」「ときわ」です。

いずれも首都圏の通勤通学の利用が多い列車を除き、2割から5割程度の本数を減らした運転計画を予定しています。具体的な運転計画や発売開始日は、5月中旬に公表する予定です。

期日: 2020/05/28から

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ