東武、南栗橋〜東武宇都宮間を直通化 20400型投入

ニュース画像:20400型 - 「東武、南栗橋〜東武宇都宮間を直通化  20400型投入」
20400型

©東武鉄道

東武鉄道は2020年6月6日(土)のダイヤ改正にあわせ、20000系のリニューアル車両「20400型」の運転区間を拡大します。

新たに運転を開始する区間は、日光線の南栗橋から宇都宮線の東武宇都宮間です。20400型の導入により当該区間は直通化し、南栗橋~栃木間はワンマン運転となります。

なお、ワンマン運転の区間は、乗客自身がボタンで列車ドアを開閉して乗降しますが、現在は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策・拡大防止の一環として、全てのドアを自動で開閉する臨時措置が講じられています。

期日: 2020/06/06から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ