東京メトロ、虎ノ門ヒルズなど新たに乗換駅設定 乗換時間も60分に

ニュース画像:東京メトロ、乗換時間60分に延長 - 「東京メトロ、虎ノ門ヒルズなど新たに乗換駅設定 乗換時間も60分に」
東京メトロ、乗換時間60分に延長

©東京メトロ

東京メトロは2020年6月6日(土)始発時から、虎ノ門駅と虎ノ門ヒルズ駅、銀座駅と銀座一丁目駅を乗換駅に設定し、乗換駅で改札から出場してからの乗換時間を現在の30分から60分に拡大します。これにより、東京メトロ線でゆとりを持った乗換えができるだけでなく、利便性を高めます。

虎ノ門駅と虎ノ門ヒルズ駅、銀座駅と銀座一丁目駅を乗換駅に設定、乗換時間を拡大することで、一部区間では運賃の低減、乗車時間の短縮につながります。例えば、銀座線の新橋から銀座を経由し、日比谷線の広尾に向かう場合、現在は199円で所要時間は18分ですが、虎ノ門ヒルズ駅で乗り換えをすると運賃は168円、所要時間も14分となります。

改札外乗換時間の60分化は、きっぷ・回数券、ICカード乗車券ともに対象です。乗換駅は今回、新たに設定される2地点に加え、上野、上野広小路と仲御徒町、三越前、渋谷、池袋、大手町、飯田橋、新宿三丁目などです。

期日: 2020/06/06から

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ