JR東、新幹線と中央線・常磐線特急の減便取りやめ 現行ダイヤ維持

ニュース画像:あずさ - 「JR東、新幹線と中央線・常磐線特急の減便取りやめ 現行ダイヤ維持」
あずさ

©JR東日本

JR東日本は、2020年5月28日(木)以降の新幹線、中央線特急、常磐線特急の運転本数を削減する予定でしたが、この計画を撤回、現在のダイヤのまま運転します。

JR東日本は当初、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、利用が減少する新幹線、中央線特急と常磐線特急は、5月28日(木)以降の指定席の発売を見合わせ、ゴールデンウィークの利用状況や社会情勢などを踏まえ運転本数を減らす計画でした。今回、緊急事態宣言の一部解除による最近の利用状況に鑑み、この計画を撤回しました。

削減が予定されていた列車は、東北・北海道新幹線「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」、秋田新幹線「こまち」、山形新幹線「つばさ」、上越新幹線「とき」「たにがわ」「Maxとき」「Maxたにがわ」、北陸新幹線「かがやき」「はくたか」「あさま」です。在来線は、中央線特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」、常磐線特急「ひたち」「ときわ」で、2割から5割程度の本数削減を予定していました。

なお、指定席の販売については、徐々に再開され、7月8日(水)運転分までの指定席は6月18日(木)まで順に開始されます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ