JR東日本、新型コロナウイルス感染予防に向けた取り組みを紹介

ニュース画像:車内換気の様子 - 「JR東日本、新型コロナウイルス感染予防に向けた取り組みを紹介」
車内換気の様子

©JR東日本

JR東日本は新型コロナウイルス感染予防に向けて、鉄軌道事業における新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドラインに基づき、実施する取り組みを紹介しています。

利用客に関する主な対策は、空調装置や窓開けによる車内換気、JR東日本アプリでの混雑情報の提供や、時差出勤やテレワーク、マスク着用への呼びかけ、可能な限り間隔を空けた座席の販売、改札へのビニールシート設置や並び位置の明示による飛沫感染防止です。また、消毒液の設置や、駅・車両に消毒液を用いた定期的な清掃を行います。

社員に関する主な対策としては、マスク着用の徹底、手洗い、うがいの励行、社員の健康確保を実施します。

そのほか、国・自治体との連携による駅や車内での啓発放送、国や自治体作成の啓発ポスター掲示や啓発リーフレットの配備、駅における啓発活動などに取り組んでいます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ