東海道新幹線、駅防犯カメラを一元的に監視 管理センター開所

ニュース画像:管理センター - 「東海道新幹線、駅防犯カメラを一元的に監視 管理センター開所」
管理センター

©JR東海

JR東海は2020年5月29日(金)、東海道新幹線の駅防犯カメラを一元的に監視する管理センターを開所しました。

管理センターは、新幹線全17駅の防犯カメラ画像を24時間体制で一元的に監視する施設です。駅防犯カメラと管理センター、指令所をネットワーク化し、各駅での駅員の目の届きにくい箇所も含めて一元的な監視を行い、非常時には、駅防犯カメラの画像を警察に伝送します。

東海道新幹線では、車内防犯カメラと指令所のネットワーク化も進められており、3月から順次、指令所において列車内の防犯カメラ画像を個別に取得できるようシステム化されています。車内で非常ボタンが扱われた場合には、車内防犯カメラの画像を指令所へ自動伝送、より迅速な初動対応を可能としています。工事の完了時期は、2021年9月の予定です。

期日: 2020/05/29から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ