JR我孫子駅、7月から発車メロディをあびこ市民の歌と河童音頭に変更

ニュース画像:spockerさんの鉄道フォト - 「JR我孫子駅、7月から発車メロディをあびこ市民の歌と河童音頭に変更」
spockerさんの鉄道フォト

©spockerさん

JR東日本は2020年7月1日(水)初電から、市制50周年を迎える千葉県我孫子市や地域住民からの要望に応え、我孫子駅の常磐線快速列車が停車するホームで使用する発車メロディを「あびこ市民の歌」と「河童音頭」に変更します。地域に根付いた楽曲を使用することで、利用客や地域住民に親しまれる駅をめざします。

「河童音頭」は、1番線の快速下り線、「あびこ市民の歌」は5番線の快速上り線のホームで使用されます。これらの楽曲は、2021年2月28日(日)まで使用される予定です。

期日: 2020/07/01 〜 2021/02/28

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ