快速あいづヘッドマーク、「赤べこ」デザインに 第一中美術部が担当

ニュース画像:「赤べこ」デザイン ヘッドマーク - 「快速あいづヘッドマーク、「赤べこ」デザインに 第一中美術部が担当」
「赤べこ」デザイン ヘッドマーク

©JR東日本

JR東日本仙台支社は2020年6月1日(月)、磐越西線郡山~会津若松間で運行している「快速あいづ」のヘッドマークデザインをリニューアルしました。

新デザインのコンセプトは「季節をめぐる旅べこ」です。会津塗の伝統的な模様の会津絵を背景に、春夏秋冬のイメージとして桜、風車、ほおずき、みしらず柿が描かれています。中央の「赤べこ」の上には起き上がり小法師を乗せ、みんなで旅するイメージを表現しています。

デザインは、2020年3月の運行開始記念デザイン同様、会津若松市立第一中学校美術部の方々が担当しました。

「赤べこ」は会津の民芸品の代表です。体に描かれた黒い斑点は疫病の跡といわれ、「赤べこ」を近くに置いておくと流行り病から逃れられるという言い伝えもあります。

期日: 2020/06/01から

ニュースURL

面倒な距離計算は必要ありません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ