京急東神奈川駅、傘のシェアリングサービス「アイカサ」導入 京急線初

ニュース画像:京急電鉄×アイカサ ロゴ - 「京急東神奈川駅、傘のシェアリングサービス「アイカサ」導入 京急線初」
京急電鉄×アイカサ ロゴ

©京急電鉄

京浜急行電鉄は2020年6月11日(木)、京急線「京急東神奈川駅」のホーム階改札口付近に、傘のシェアリングサービス「アイカサ」を導入しました。京急線の駅では初導入です。

「アイカサ」は、事前にLINE登録すると、駅などに設置されているレンタルスポットで、レンタル傘の借用、返却ができるサービスです。「アイカサ」の傘立てであれば、どの傘立てでも返却可能です。設置するアイカサ専用傘は、日傘としても使用可能です。

アイカサは、新設スポットを含む全エリアで、7月末まで無料でサービスを提供しています。通常時は、借用から24時間以内は70円、月最大で420円の「ノーマルプラン」と、月額280円で使い放題となる「使い放題プラン」が設定されています。

京急東神奈川駅は、利便性向上や分かりやすさの訴求を目的に、2020年3月に「仲木戸駅」から駅名変更を行いました。当初、駅名変更と同時に「アイカサ」サービスの提供を開始する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、使用機会の増える梅雨の時期にあわせてのサービス開始となりました。

期日: 2020/06/11から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ