東海道新幹線で駅弁予約サービスを開始、新型車両にちなんだ新作弁当も

ニュース画像:駅弁「東海道新幹線 富士山弁當」 - 「東海道新幹線で駅弁予約サービスを開始、新型車両にちなんだ新作弁当も」
駅弁「東海道新幹線 富士山弁當」

©ジェイアール東海パッセンジャーズ

ジェイアール東海パッセンジャーズは2020年7月1日(水)から、東海道新幹線の駅弁WEB予約サービスを開始します。

このサービスは利用3日前までに、駅弁をウェブサイト上で予約・購入すると、東海道新幹線の名古屋駅と東京駅で、乗車前にスムーズに駅弁が受け取れます。JR東海のオンラインショップ「いいもの探訪」の駅弁予約ページで、7月1日(水)12時から受付を開始し、7月4日(土)利用分から予約できます。

対象商品はジェイアール東海パッセンジャーズ製造の駅弁で、対象店舗は名古屋駅の改札外1店舗、ホーム上2店舗、東京駅の改札外1店舗、ホーム上6店舗です。

サービス開始にあわせ、7月1日(水)から7月14日(火)の期間、駅弁WEB予約サービスで駅弁を購入すると、駅弁1個につき、「旅茶房 静岡茶 500ml」または「Mont Fuji 500ml」が1本プレゼントされるキャンペーンを実施します。

また、7月に東海道新幹線でデビュー予定の新型車両「N700S」と富士山をあしらった新商品の駅弁「東海道新幹線 富士山弁當」を、7月1日(水)から販売します。東海道新幹線沿線をイメージした食材を使用した、思わず写真を撮りたくなる仕掛けが楽しめる弁当で、価格は税込1,380円です。

この新商品は東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」の車内販売、東京駅、品川駅、新横浜駅、名古屋駅、京都駅、新大阪駅やリニア・鉄道館のお弁当売店で販売されます。

期日: 2020/07/01から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ