JR飯田橋駅、ホームの移設工事完了 列車とホームの隙間を狭小化

ニュース画像:JR飯田橋駅 新西口駅舎 イメージ - 「JR飯田橋駅、ホームの移設工事完了 列車とホームの隙間を狭小化」
JR飯田橋駅 新西口駅舎 イメージ

©JR東日本

JR東日本は2020年7月12日(日)初電から、飯田橋駅の新ホーム、新西口駅舎および歩行者空間の供用を開始します。

飯田橋駅では、ホームの抜本的な安全対策として、新宿寄りにホームを約200メートル移設し、列車とホームの隙間を狭小化する工事と、これに合わせた西口駅舎の改良工事等を実施してきました。

新ホームは1面2線です。新西口駅舎は鉄骨造り2階建てで、バリアフリー設備として多機能トイレ1カ所、15人乗りのエレベーター1基を備えます。また、新西口駅舎1階のほか、駅構内などに、江戸城外堀についての史跡を紹介する設備を設置します。改札外コンコースおよび駅前には、歩行者空間が整備されます。

駅舎1階には駅施設と店舗3店舗、2階には2店舗がはいります。1階のコンビニエンスストア「NewDays」は7月12日(日)に開業、その他の2店舗は、8月以降に開業予定です。2階の店舗の開業時期は、日程が決まり次第、別途発表されます。

供用開始に伴い、仮西口駅舎の営業は7月11日(土)23時をもって終了となります。また、東口の2つの階段のうち、東京寄りの階段・エスカレーターは閉鎖されます。

期日: 2020/07/12から

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ