内房線と外房線、7月から9月は194本の列車を増発

ニュース画像:E257系500番台 - 「内房線と外房線、7月から9月は194本の列車を増発」
E257系500番台

©JR東日本

JR東日本千葉支社は、2020年7月1日(水)から9月30日(水)までの期間、「夏の増発列車」を運転します。内房線、外房線方面へ194本の増発が予定されているほか、8月13日(木)から8月15日(土)までのお盆期間限定で、総武・成田線方面へ臨時「しおさい」が計5本運行されます。

内房線方面の臨時列車では、期間中の土休日に「新宿さざなみ」が新宿〜館山間で2往復運転されます。8月15日(土)、8月16日(日)は、さらに「新宿さざなみ」81号、82号が設定されるほか、8月12日(水)から8月14日(金)までは東京〜館山間で臨時「さざなみ」91号、92号が設定されます。

外房線方面の臨時列車では、期間中の土休日に新宿〜安房鴨川間で特急「新宿わかしお」が1往復運転されます。使用車両は「新宿わかしお」のみ255系、その他の列車はE257系です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ