名古屋鉄道、知多半田駅と青山駅に無人クリーニングサービス導入

ニュース画像:無人クリーニングサービス「LAGOO」サービスイメージ - 「名古屋鉄道、知多半田駅と青山駅に無人クリーニングサービス導入」
無人クリーニングサービス「LAGOO」サービスイメージ

©名古屋鉄道

名古屋鉄道は2020年7月1日(水)から、AiCTが提供する無人クリーニングサービス「LAGOO(ラグー)」を導入します。駅利用者のサービス向上を目的とするもので、東海3県の鉄道駅では初めての導入です。

このサービスは、スマートフォン専用アプリで施解錠が可能な専用スマートロッカーを活用し、受付から受け取りまでを完全無人、キャッシュレスで利用できるクリーニングサービスです。専用のアプリを使用し、ロッカーに衣類を預け、クリーニング完了後は利用者の都合の良いタイミングで、仕上がった衣類をロッカーから引き取ることができます。

専用ロッカー設置場所は、名鉄河和線の知多半田駅、青山駅で、知多半田駅では5時30分から24時30分まで、青山駅では24時間利用できます。

期日: 2020/07/01から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ