上毛電気鉄道、7月1日から完全予約制の大胡電車庫見学を開始

上毛電気鉄道は2020年7月1日(水)から、大胡駅西側に所在する大胡電車庫の見学を開始します。見学は完全予約制で、新型コロナウィルス感染拡大防止対策を行います。見学当日は、マスクの着用と朝の検温が必要で、発熱、咳など体調不良の症状がある方は参加を控えるよう呼びかけています。

大胡電車庫は、昭和3年の開業当時に建築されたもので、今も当時の姿を残す希少な建造物の一つとして、登録有形文化財に登録されています。建物だけではなく中には機械室やデハ104やデキ3021などの希少な車両や電気機関車のほか、貨車をはじめ台車も展示しています。

見学時間は13時から15時までの間の30分程度で、現地スタッフが案内します。構内入場料は180円で、記念として大胡電車庫入場硬券と記念台紙がプレゼントされます。申し込み、問い合わせは、上毛電気鉄道本社の電話、またはメールで受け付けています。

期日: 2020/07/01から

ニュースURL

自慢の写真、鉄道好きに公開できます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ