東武鉄道、全車両に抗ウイルス・抗菌加工を実施 6月下旬から順次

ニュース画像:東武鉄道の抗ウイルス・抗菌加工 - 「東武鉄道、全車両に抗ウイルス・抗菌加工を実施 6月下旬から順次」
東武鉄道の抗ウイルス・抗菌加工

©東武鉄道

東武鉄道は2020年6月下旬から、全車両に抗ウイルス・抗菌加工を施します。手すり、つり革、ガラス、座席シートなど車両内全般に、抗ウイルス・抗菌効果のあるコーティング剤を噴霧します。

このコーティング剤は、人体に影響はなく、インフルエンザウイルス、大腸菌、サルモネラ菌などへの抗ウイルス・抗菌効果が確認されています。なお、抗ウイルス・抗菌加工を施した車両には、車両内に施行済のステッカーが掲出されます。

東武鉄道では、定期的な車内の除菌、空調・換気装置や社員の窓開けによる車両換気、特急列車車掌のフェイスガード着用に加え、ウェブサイトで車両混雑情報を提供するなど、さまざまな新型コロナウイルスの感染予防対策を行っています。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ