JR東日本、横浜駅と川口駅に駅ナカシェアオフィスをオープン

ニュース画像:STATION SWITCH横浜 12Fのイメージ - 「JR東日本、横浜駅と川口駅に駅ナカシェアオフィスをオープン」
STATION SWITCH横浜 12Fのイメージ

©JR東日本

JR東日本は2020年7月から、駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」を拡大しました。7月1日(水)には横浜駅直結のJR横浜タワー12階と13階に「STATION SWITCH横浜」を開業、7月2日(木)には、川口駅の改札外にボックスタイプの「STATION BOOTH」を2台、設置しています。今回の拠点拡大により、「STATION WORK」は全18カ所となりました。

「STATION SWITCH横浜」の営業時間は、平日は8時から21時30分まで、土日祝日は9時から20時30分まで、STATION WORK会員は12階の一部エリアを利用できます。川口駅の「STATION BOOTH」は、全日7時から21時30分まで、会員以外も利用可能です。利用料金は、いずれも15分税抜250円です。

期日: 2020/07/01から

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ