近江鉄道300形、8月から運転開始 7月23日・26日に試乗会

ニュース画像:近江鉄道新形式車両300 形 - 「近江鉄道300形、8月から運転開始 7月23日・26日に試乗会」
近江鉄道新形式車両300 形

©近江鉄道

近江鉄道は2020年8月から、新型車両「300形」の運転を開始します。これに先立ち、7月23日(木・祝)と7月26日(日)に「300形試乗会」を開催します。

300形は、西武鉄道から譲り受けた3000系を自社でワンマン改造した車両で、近江鉄道では初となる乗降扉上に車内案内表示器を設置、行先や次駅案内を表示することで利便性向上とバリアフリーへの対応を図っています。

車両前面と側面の行先表示器は白色LEDを採用し、はっきりと視認しやすくなっています。車体カラーは、100形と同様に琵琶湖をイメージした水色を採用しています。

試乗会では、彦根駅から八日市駅までを往復し、臨時電車の車内で300形デビュー記念グッズを先行販売するほか、途中停車駅で300形の記念撮影ができます。また、試乗会の参加者全員に「記念乗車証」がプレゼントされます。参加料金は、1名3,000円で、7月8日(水)までに事前の申し込みが必要です。

期日: 2020/07/08まで

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ