E233系、仙石線や房総・高崎と松本・甲府エリアへ転属か

ニュース画像:yamasyokiさんの鉄道フォト - 「 E233系、仙石線や房総・高崎と松本・甲府エリアへ転属か」
yamasyokiさんの鉄道フォト

©yamasyokiさん

JR東日本輸送サービス労働組合(JTSU-E)は2020年7月6日(月)、 ワンマン運転機能を備えたE233系が仙台の仙石線、千葉の房総エリア、関東北部の高崎エリア、甲信越の松本・甲府エリアへ転属される見通しを明らかにしています。

JR東日本は自動列車運転装置(ATO)を2020年度末に常磐線各駅停車へ導入するほか、山手線のE235系でもATOの試験を進めています。E235系の導入が進むことで、E233系を転属させ、各地の車両を更新する動きと見られます。

E235系車両は横須賀線、総武快速線、外房線と内房線、総武本線、成田線、鹿島線で11両編成を51編成、4両編成を46編成、計745両を新造、投入が決定しています。JR東日本で初めて、停電などの異常時を想定し、避難しやすい場所まで走行できる非常走行用電源装置を搭載した車両です。こうした動きに伴い、E235系が京浜東北・根岸線に導入され、現在のE233系車両が各地に転属するとみられます。

■JR東日本のE233編成数と車両数
<E233編成>
豊田車両センター99
さいたま車両センター83
川越車両センター38
国府津車両センター38
鎌倉車両センター中原支所36
小山車両センター34
高崎車両センター高崎支所33
田町車両センター28
京葉車両センター28
鎌倉車両センター28
松戸車両センター19
<E233車両>
さいたま車両センター830
豊田車両センター698
川越車両センター380
国府津車両センター275
小山車両センター250
高崎車両センター高崎支所247
京葉車両センター240
鎌倉車両センター224
鎌倉車両センター中原支所216
田町車両センター213
松戸車両センター190

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ