JR東日本、新幹線の新造車両に台車モニタリング装置を搭載へ

ニュース画像:システム概要 - 「JR東日本、新幹線の新造車両に台車モニタリング装置を搭載へ」
システム概要

©JR東日本

JR東日本は、2021年秋以降落成する新造の新幹線に、台車モニタリング装置を搭載すると発表しました。JR西日本で新造される北陸新幹線の車両も対象です。各種試験を経て、2023年春から順次、使用を開始します。

新造車両には、空気ばねの圧力センサーと台車の振動センサーを新設、これらのセンサーで取得したデータを台車モニタリング装置に集約、演算します。その結果をもとに異常を判定し、異常と判断した場合には運転士に通知します。

このシステム搭載により、台車枠亀裂などの異常を早期に検知し、これまで以上の信頼性を確保できます。JR東日本は、既存車両への搭載についても、施工方法を検討しています。

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ