令和2年7月豪雨災害、8事業者12路線に被害確認

九州や東海地方に影響が出ている令和2年7月豪雨災害で、全国の鉄道のうち8事業者12路線に被害が確認されています。運転見合わせは、2020年7月10日(金)5時現在で8事業者、16路線で、7月9日(木)正午時点の12事業者、22路線から減少しました。

7月3日(金)から7月10日(金)まで、被害が確認されている路線を運行する事業者は、JR九州、くま川鉄道、肥薩おれんじ鉄道、平成筑豊鉄道、JR東海、大井川鐵道、叡山電鉄、JR四国です。また、JR貨物は鹿児島線・肥薩おれんじ鉄道線の被害を受け、鹿児島貨物ターミナル駅~鳥栖貨物ターミナル駅で運転を中止し、熊本駅~川内駅・鹿児島貨物ターミナル駅間でトラック代行輸送を実施しています。

■被害が確認された区間
<JR九州>
・肥薩線:鎌瀬~瀬戸石間、球磨川第一橋りょう流出
・肥薩線:那良口~渡間、第二球磨川橋りょう流出
・久大線:豊後中村~野矢間、第二野上川橋りょう流出
・鹿児島線:玉名~肥後伊倉間、土砂流入
・鹿児島線:隈之城~木場茶屋間、築堤崩壊
・鹿児島線:木場茶屋~串木野間、土砂流入
・鹿児島線:上伊集院~広木間、切取崩壊
・日南線:谷之口~志布志間、土砂流入等
<くま川鉄道>
・湯前線:人吉温泉駅構内、路冠水、土砂流入
・湯前線:那良口~渡間、球磨川第四橋りょう流出
<肥薩おれんじ鉄道>
・肥薩おれんじ線:佐敷駅構内、路冠水
・肥薩おれんじ線:肥後高田~米ノ津間、土砂流入
<平成筑豊鉄道>
・田川線:崎山~源じいの森間、土砂流出、切取崩壊、落石
<JR東海>
・飯田線:小和田~中井侍間、
・高山線:飛騨萩原~上呂間、土砂流入
・高山線:飛騨一ノ宮~高山間、倒木
<大井川鉄道>
・大井川本線:神尾駅付近、護岸浸食
<叡山電鉄>
・鞍馬線:二ノ瀬~貴船口間、土砂流入
<JR四国>
・内子線:五十崎~喜多山間、土砂流入

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ