釜石線開業70周年、記念ラッピング列車を運行 開業時の映像放映も

ニュース画像:記念ラッピング列車デザイン - 「釜石線開業70周年、記念ラッピング列車を運行 開業時の映像放映も」
記念ラッピング列車デザイン

©JR東日本

釜石線が2020年10月10日(土)、全線開業70周年を迎えます。これを記念し、釜石線70周年デザインのラッピング列車運行をはじめ、沿線の主要駅と釜石市内の観光施設などで、開業当時の貴重な映像や新聞記事の記念展示が実施されます。

ラッピング列車はキハ100系車両1両で、8月から2021年2月まで、釜石線花巻~釜石駅間と、東北本線花巻~盛岡駅間で運行します。車両デザインは、釜石市出身のアーティスト小林覚さんの独創的な造形のアート作品を、福祉実験ユニットであるヘラルボニーがプロデュースしました。

記念展示は、開業記念式典や沿線各地の祝賀の様子などを、映像や当時の新聞紙面で紹介します。7月23日(木)から12月まで、釜石駅、花巻駅、新花巻駅、遠野駅の待合室、ホテルフォルクローロ三陸釜石ロビー、釜石物産センター「シープラザ釜石」2階東側で、8月3日(月)から11月末まで、釜石市役所市民課ロビーで、8月1日(土)から11月末まで、釜石魚河岸にぎわい館「魚河岸テラス」で展示予定です。

期日: 2020/07/23から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ