海浜幕張エリアの駅混雑予測情報、スポーツ・イベント需要で提供

ニュース画像:混雑予測情報提供画面イメージ - 「海浜幕張エリアの駅混雑予測情報、スポーツ・イベント需要で提供」
混雑予測情報提供画面イメージ

©JR東日本

JR東日本は2020年7月16日(木)、海浜幕張エリアでスポーツ観戦・イベントに訪れる利用者向けに、駅混雑予測情報など情報発信サービスを開始しました。

新たなサービスは、ZOZOマリンスタジアムに設置したデジタルサイネージやスマートフォン用アプリに海浜幕張駅の混雑予測情報を提供します。海浜幕張駅の5分後、15分後、 30分後の混雑予測情報を伝え、サイネージはマリンスタジアムのCゲートに設置されています。また、スマートフォン用アプリ「京葉線プラス」内コンテンツ「街ブラコンシェルジュ」でも確認できます。

このほかJR東日本は、京葉線沿線に拠点を持つ千葉ロッテマリーンズ、ジェフユナイテッド市原・千葉をはじめ「KEIYO TEAM6」関連情報やエンターテイメントコンテンツ、海浜幕張・蘇我エリアの店舗情報やおすすめスポットの情報をサイネージやアプリで提供します。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ