JR横浜駅改札内に新エリア、広場や商業施設・バリアフリールートも整備

ニュース画像:新通路イメージ - 「JR横浜駅改札内に新エリア、広場や商業施設・バリアフリールートも整備」
新通路イメージ

©JR東日本

JR東日本は2020年8月10日(月・祝)、横浜駅の中央南改札と南改札をつなぐ新たな改札内通路、各ホームに向かうエレベーターの使用を開始します。中央南改札と南改札からホームまでがバリアフリー化され、スムーズな移動が実現するほか、横浜駅初となる待ち合わせ広場の設置、商業施設開業により、新たな改札エリアが誕生します。

改札内広場「SOUTH COURT」には、大型のモニターやデジタルサイネージを設置、横浜の魅力を発信するコンテンツなどを配信します。また、商業施設「エキュートエディション横浜」が開業し、ビアカフェや寿司&日本酒バーなど、5つのショップが出店します。

JR東日本は、「エキュートエディション横浜」開業を機にJR横浜駅を中心としたJR東日本グループが運営する周辺の商業施設エリアを一つの大きな街と捉え「YOKOHAMA Station City」と命名しました。

期日: 2020/08/10から

ニュースURL

撮り溜めた鉄道写真、整理しませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ