JR東、株主優待券にスクラッチ技術と特殊用紙を導入

ニュース画像:「カラースクラッチ技術」と光を遮る特殊用紙を使用した株主優待割引券 - 「JR東、株主優待券にスクラッチ技術と特殊用紙を導入」
「カラースクラッチ技術」と光を遮る特殊用紙を使用した株主優待割引券

©凸版印刷

JR東日本は2020年6月から、株主優待券に凸版印刷の「カラースクラッチ技術」と特殊用紙を採用し、偽造防止・不正転売防止対策を強化しています。

コード部分がむき出しになった券面では、未使用か使用済みかの判別を付けることが難しいという課題がありました。これを解決するため、PINコード部分に、スクラッチ上に任意の色合いや文言を印刷できる「カラースクラッチ技術」を施し、券面のスクラッチ部分を確認するだけで、使用状況が一目で判別できるようになりました。また、光を遮る特殊用紙は、券面を強い光源に晒しても秘匿部分が透けないため、偽造と不正転売防止に繋がります。

2021年夏からは、カラースクラッチ部分を削って出てくる株主優待券の番号とパスワードを、JR東日本のインターネット予約サイト「えきねっと」で入力すると、株主優待割引が適用された乗車券類が予約できるようになります。これにより、スマートフォンなどに表示されたQRコードを利用して指定席券売機からの発券ができるため、株主優待券の利便性向上にもつながります。

期日: 2020/06/01から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ