小田急片瀬江ノ島駅ついに完成、竜宮造りの駅舎にクラゲ水槽

ニュース画像:コンコースに設置したクラゲ水槽 - 「小田急片瀬江ノ島駅ついに完成、竜宮造りの駅舎にクラゲ水槽」
コンコースに設置したクラゲ水槽

©小田急電鉄

小田急電鉄の片瀬江ノ島駅は、2020年7月30日(木)、駅舎改良工事を完了しました。工事は2018年2月から実施され、2020年2月には新駅舎の一部供用を開始していました。

新駅舎の外観には、神社仏閣の技法である竜宮造りが採り入れられ、細部にまでこだわった装飾品の数々が遊び心を加えています。竜宮造りの特徴である建物の上部には、伝説をもとに天女と龍があしらわれているほか、屋根上5カ所にイルカの像が設置されています。

日没後には新駅舎にライトアップが施されます。四季を想起する色合いをベースとした「ふだん」と、そこに江の島の波や風をイメージさせる演出を加えた「宴」の2パターンを交互に実施するほか、花火大会やクリスマスなどのイベントの際には、特別なライトアップを行います。

また、2か所ある改札口の間には、新江ノ島水族館とコラボレーションした大型の「クラゲ水槽」が設置されました。駅にいながら、まるで海中にいるような、不思議な気分を味わえます。水槽の裏面には大型のデジタルサイネージを設置し、新江ノ島水族館の水槽の映像等を放映します。

改札通路は1通路増えて全8通路となり、利便性も向上しました。

期日: 2020/07/30から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ