大井川鐵道、家山~千頭間は代行バス 大雨で護岸損傷

ニュース画像:Kazoo8021さんの鉄道フォト - 「大井川鐵道、家山~千頭間は代行バス 大雨で護岸損傷」
Kazoo8021さんの鉄道フォト

©Kazoo8021さん

大井川鐵道は2020年7月30日(木)、大雨の影響による大井川本線の線路敷横の損傷を受け、一部区間を運休し、当該区間はバスで代行輸送します。

梅雨前線に伴う断続的な大雨により、下泉~田野口間の線路敷横の大井川護岸に損傷が発生しています。この影響で家山~千頭間は当面の間、バスで代行輸送します。8月31日(月)まで、EL急行かわね路号、臨時急行電車は運休します。

大井川本線では、「令和2年7月豪雨」の影響で崩土が発生し、一時は金谷~新金谷間でバス代行輸送が実施されていましたが、7月23日(木) 始発から金谷~千頭間全線で運転を再開していました。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ