SL大樹、東武日光駅に10月から乗り入れ 列車名は「ふたら」

ニュース画像:SL大樹「ふたら」ヘッドマークデザイン - 「SL大樹、東武日光駅に10月から乗り入れ 列車名は「ふたら」」
SL大樹「ふたら」ヘッドマークデザイン

©東武鉄道

東武鉄道は2020年10月から、東武日光駅へSL大樹の乗り入れを開始します。東武日光線で運転する列車名は、SL大樹「ふたら」に決定しました。

東武日光駅への乗り入れは、SL復活運転プロジェクトの当初の理念である、「日光・鬼怒川エリアの活性化」を目的に実施されます。SLが日光エリアに乗り入れることで、日光・鬼怒川温泉・今市の3エリアが互いに連動し、地域の回遊性が向上することを狙います。

「ふたら」の営業運転は、10月3日(土)の東武トップツアーズ団体ツアーで開始します。その後、当面の間、当該運転区間を含めた臨時列車を運転します。

SL大樹「ふたら」の名称は、「日光」の地名の由来ともなった男体山のかつての呼び名、「二荒山」に由来し、ヘッドマークにも男体山をデザインしています。また、これまで、下今市~鬼怒川温泉間で運転するSLの列車名称を「SL大樹」としていましたが、東武日光駅への運転やSL車両が複数機体制となることから、東武鉄道SLのブランド化を図るため、同社の全てのSLの列車愛称を「SL大樹」とすることが決まりました。

期日: 2020/10/03から

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ