東北新幹線、当日朝に水揚げされた鮮魚類を石巻から東京へ輸送

ニュース画像:仙台駅で積み込み、イメージ - 「東北新幹線、当日朝に水揚げされた鮮魚類を石巻から東京へ輸送」
仙台駅で積み込み、イメージ

©JR東日本

JR東日本は2020年8月26日(水)から8月28日(金)の3日間、東北新幹線の客席を利用した地産品を東京駅へ輸送します。輸送当日、石巻市内で朝に水揚げされた鮮魚類を東京駅に輸送します。地産品を新幹線で首都圏に輸送、販売する取り組みは、これまでも実施されてきましたが、東北新幹線を使用する事例は初めてです。

輸送する新幹線は、仙台駅10時41分発、東京駅12時48分着のやまびこ136号です。積込箇所は自由席1号車で、実施日の当該車両には乗車できません。

鮮魚類は、鉄道会館が運営する東京駅構内の一部飲食店で期間限定メニューとして、提供されます。取り扱い店舗は、グランスタ東京「回転寿司羽田市場」、「海鮮居酒屋羽田市場」、グランアージュ「羽田市場食堂」など、メニューは刺身、寿司、海鮮丼を予定しています。

期日: 2020/08/26 〜 2020/08/28

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ