JR西、秋の在来線特急を減便・臨時特急なし 臨時新幹線は565本

ニュース画像:特急「はるか」 (水月さん撮影) - 「JR西、秋の在来線特急を減便・臨時特急なし 臨時新幹線は565本」
特急「はるか」 (水月さん撮影)

©水月さん

JR西日本は、2020年9月以降の在来線特急の減便計画、10月と11月に運転する「秋の臨時列車」の運行予定を公表しました。9月以降、在来線特急の定期列車は減便となり、秋の臨時列車は北陸新幹線、山陽新幹線のみ設定されます。

9月以降減便される定期列車は、特急「はるか」14本、「サンダーバード」4本、「こうのとり」2本です。「はるか」は1日32本運転のところ18本まで削減され、新型コロナウイルスの発生前と比較すると約3割の運行本数となります。

北陸新幹線は、9月5日(土)から土休日の富山〜金沢間「つるぎ」707号が運休となりますが、10月・11月は合計196本の臨時列車が運転されます。山陽新幹線は、東海道新幹線に直通する臨時「のぞみ」が355本、山陽新幹線内のみ運行の臨時「ひかり」が14本運行されます。

山陽新幹線臨時列車の指定席は通常通り各列車運転日1カ月前の10時から発売されますが、北陸新幹線については、指定席の販売が見合わせとなります。

ニュースURL

あなたにとって普段の写真でも、見たい人がいます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ