東武、500系「リバティ」3編成を増備 2020年度設備投資計画

ニュース画像:500系リバティ (Yoshi@LC5820さん撮影) - 「東武、500系「リバティ」3編成を増備 2020年度設備投資計画」
500系リバティ (Yoshi@LC5820さん撮影)

©Yoshi@LC5820さん

東武鉄道は2020年度内に、特急形車両である500系「リバティ」3編成を増備します。2020年8月25日(火)発表の設備投資計画で明らかにしました。

2020年度の設備投資は、総額219億円が予定されています。500系の増備は、沿線における更なるシームレスな特急輸送サービスを提供することを目的としたもので、1編成3両固定を併結・分割することができる仕様から、フレキシブルな運行が可能となります。

このほか、100系2編成、500系6編成に荷物置き場を新設します。さらに、日比谷線直通車両である70090型を2編成、日光線、宇都宮線運用車両である20400型への改造車両が4編成増備されます。

また、北越谷駅、南宇都宮駅の駅舎リニューアルや車内防犯カメラの設置拡大、北千住駅3階、新越谷駅、北越谷駅、志木駅へのホームドア設置が進められるほか、とうきょうスカイツリー駅や竹ノ塚駅付近の高架化工事も引き続き進められます。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ