西武鉄道、川越観光に便利なデジタルきっぷ販売

ニュース画像:左から、アプリアイコン、購入画面、特急券・乗車券画面 イメージ - 「西武鉄道、川越観光に便利なデジタルきっぷ販売」
左から、アプリアイコン、購入画面、特急券・乗車券画面 イメージ

©西武鉄道

西武鉄道は、川越エリアで観光型MaaSの実証実験を開始します。西武グループの新たなMaaSアプリ「SeMo(セーモ)」を活用し、特急レッドアロー号に乗車し、小江戸・川越の観光を快適に過ごしてもらう狙いで、川越観光に便利なデジタルきっぷを販売します。

実証実験は、「シームレスな移動」と「安全・安心で魅力的な観光」を目指し、「SeMo」でデジタルきっぷ「本川越・小江戸タイムトリップきっぷ」を販売します。この切符は、新宿線の往復特急券・乗車券、川越の観光地を結ぶ「小江戸巡回バス」の1日フリー乗車券、小江戸協賛店での特典サービス、駅ナカ・コンビニ「トモニー」でのドリンク1本引換えサービスがセットになっています。

価格は税込み、大人1,700円、子ども850円です。チケットの利用期間は9月19日(土)から11月30日(月)で、利用日の21日前から購入できます。また、 実証実験の期間中、先着1,000名限定で「本川越・ 小江戸タイムトリップきっぷ」利用時に、西武新宿駅または高田馬場駅の係員窓口で、スティック型のノンアルコール除菌液が1点、プレゼントされます。

「SeMo」は、「検索・予約・決済」機能を搭載し、スマートフォン1つで「移動・観光・買い物」が楽しめるサービスです。利用料は無料で、9月11日(金)から配信を開始します。

■「本川越・ 小江戸タイムトリップきっぷ」対象の特急電車
<平日>
往路:小江戸5号、7号、9号、11号、13号
復路:小江戸26号、28号、30号、32号、34号、36号、38号、40号、42号、44号、46号

<土休日>
往路:小江戸5号、9号、63号、65号、13号
復路:小江戸26号、28号、30号、32号、34号、36号、38号、40号、42号、44号、46号

期日: 2020/09/11 〜 2020/11/30

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ