新宿駅・高輪ゲートウェイ駅、自動改札機でQRコード実証実験

ニュース画像:「タッチしやすい自動改札機」 - 「新宿駅・高輪ゲートウェイ駅、自動改札機でQRコード実証実験」
「タッチしやすい自動改札機」

©RailLab ニュース

JR東日本は2020年9月9日(水)から、新宿駅、高輪ゲートウェイ駅に設置している「タッチしやすい自動改札機」でQR実証試験を開始します。

「タッチしやすい自動改札機」は、従来からのSUICAなどICカードタッチ部を「斜め」に配置、QRコード読み取り部を改札機の前方部に備え、車いすの利用客のタッチしやすさにも配慮した構造を採用した実証機です。2020年2月から設置されています。

今回、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により延期されていたQR実証試験が開始される予定です。新宿駅では9月9日(水)から9月30日(水)まで、社員モニター が、QR券の使いやすさの評価等を行います。高輪ゲートウェイ駅では9月15日(火)から9月29日(火)まで、一般モニターが、 初めて使用する観点でのQR券の使いやすさの評価等を行います。この両駅では、QRコード読み取り部のかざしやすさに関する検証も実施されます。

なお、「タッチしやすい自動改札機」は、実証試験終了後、順次撤去される予定で、撤去時期は10月から12月の予定です。

期日: 2020/09/09から

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ