釜石線・リアス線、花巻〜鵜住居間に直通臨時列車 ラグビーイベントで

ニュース画像:釜石線のキハ110形 (kinokuniさん撮影) - 「釜石線・リアス線、花巻〜鵜住居間に直通臨時列車 ラグビーイベントで」
釜石線のキハ110形 (kinokuniさん撮影)

©kinokuniさん

JR東日本と三陸鉄道は2020年10月10日(土)、釜石市で開催される「いわて・かまいしラグビーメモリアルイベント」にあわせ、釜石線、リアス線の花巻〜鵜住居間を直通する臨時列車を1往復、運転します。

臨時列車の往路は、10時14分に花巻駅を出発、12時44分に鵜住居駅に到着します。復路は16時1分に鵜住居を出発、18時23分に花巻駅に到着します。使用車両はキハ110系3両です。

「いわて・かまいしラグビーメモリアルイベント」は、ラグビーワールドカップ2019日本大会岩手・釜石開催のレガシーを継承し、「ラグビーのまち釜石」、「ラグビー県いわて」の定着を目的とした催しです。

ラグビーワールドカップを振り返り、開催までの歩みの紹介・展示、フィジー対ウルグアイ戦の試合上映等が予定されているほか、鵜住居駅が最寄りの釜石鵜住居復興スタジアムでは、メモリアルマッチも予定されています。

期日: 2020/10/10

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ