ソーシャルディスタンス日光号、千葉から乗換なしで日光・鬼怒川へ

ニュース画像:「ソーシャルディスタンス日光号」で使用するスカイツリートレイン - 「ソーシャルディスタンス日光号、千葉から乗換なしで日光・鬼怒川へ」
「ソーシャルディスタンス日光号」で使用するスカイツリートレイン

©東武鉄道

東武鉄道と東武トップツアーズは2020年9月27日(日)、ソーシャルディスタンスに配慮した臨時列車「船橋駅発スカイツリートレインで行く ソーシャルディスタンス日光号」を運転します。旅行商品として企画され、GOTOトラベル事業の割引支援対象のツアーです。

東武線の1都4県にわたる広い路線網を活かし、千葉県の東武アーバンパークライン船橋駅から春日部経由で、栃木県の日光線東武日光駅まで乗り換えなしに運転します。列車内ではソーシャルディスタンスを確保するため、座席が隣り合わないよう、定員の半分の人数で運行します。

列車は、船橋駅を9時23分に出発し、東武日光駅に12時2分に到着します。復路は東武日光駅15時49分発で、約3時間半、日光・鬼怒川の観光地を自由に散策できます。下今市駅まで足を伸ばし、SL大樹の乗車も可能です。

旅行代金は、昼食弁当「元祖栃木牛めし」付きで、おとな9,800円、こども6,400円です。参加者には、東武鉄道オリジナルノベルティグッズ4点が提供されます。

期日: 2020/09/27

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ