福岡市営地下鉄、空港線で火災 パンタグラフから出火か

福岡市営地下鉄空港線の赤坂駅構内で2020年9月23日(水)8時半ごろ、パンタグラフから火災が発生し、当該車両が駅に停止しています。赤坂駅で車両上部からの発煙が確認され、駅員が消防に通報しました。出火した車両は、JR九州が所有する「303系K01編成」とみられます。

この影響で福岡空港と姪浜の間を結ぶ空港線と中洲川端と貝塚の間を結ぶ箱崎線で、上下線ともに運転を見合わせていました。正午現在、空港線は中州川端駅〜福岡空港駅間で、箱崎線は中州川端駅〜貝塚駅間で運転しています。

期日: 2020/09/23

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ