北海道新幹線、年末年始に青函トンネル内210キロ運転

ニュース画像:北海道新幹線(レンタくんさん撮影) - 「北海道新幹線、年末年始に青函トンネル内210キロ運転」
北海道新幹線(レンタくんさん撮影)

©レンタくんさん

北海道新幹線は2020年12月31日(木)から2021年1月4日(月)の年末年始期間、青函トンネル内を時速210キロメートル(km/h)で営業運転します。東京〜新函館北斗間の現行最速は3時間58分ですが、約3分短縮されます。

現在、北海道新幹線は青函トンネル内を160km/hで走行しています。青函トンネル内は、新幹線のほかに貨物列車等が運行する「共用走行区間」のため、すれ違い運行時でも安全を保てる速度として160km/hに抑えているものです。

新幹線高速走行中の貨物列車の誤進入を防止するシステムや高速確認車の開発、レールの削正、高速走行試験により走行の安全性を確認したことなどから、今回「時間帯区分方式」での新幹線の高速走行が決定しました。

年末年始は貨物列車の運行本数が少ない期間です。210km/h運転は、始発から15時半頃までの間に青函トンネルを走行する新幹線上下各7本の計14本で実施します。なお、詳細なダイヤ等については、後日、JR北海道が発表する予定です。

期日: 2020/12/31 〜 2021/01/04

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ