東京メトロ10000系、故障予兆検知システム導入

ニュース画像:故障予兆検知システム イメージ - 「東京メトロ10000系、故障予兆検知システム導入」
故障予兆検知システム イメージ

©東京メトロ

東京メトロは2020年10月から、三菱電機とともに「故障予兆検知システム」を有楽町線・副都心線10000系車両で運用開始します。

東京メトロと三菱電機は、2018年度から丸ノ内線2000系車両において、走行中の車両機器状態を総合指令所などから遠隔でモニタリングできる「車両情報監視・分析システム」を導入、走行中の車両機器の動作データを自動分析し、故障の予兆を自動検知するシステムを共同で開発してきました。

今回、新たに「故障予兆検知システム」として、有楽町線・副都心線を実際に営業走行する車両を用いて、ブレーキ装置と電動空気圧縮機(コンプレッサー)を対象とした運用が開始されます。

今後、このシステムは2021年2月に営業開始予定の有楽町線・副都心線17000系車両にも展開される予定です。さらに、機器の対象を制御装置や電源装置、保安装置などの様々な装置に拡大し、更なる鉄道の安全安定運行を目指します。

ニュースURL

路線、駅など、すべて自動集計!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ