東北新幹線、盛岡〜新青森間320キロ運転へ

ニュース画像:東北新幹線イメージ(BOEING737MAX-8さん撮影) - 「東北新幹線、盛岡〜新青森間320キロ運転へ」
東北新幹線イメージ(BOEING737MAX-8さん撮影)

©BOEING737MAX-8さん

JR東日本は2020年10月6日(火)、東北新幹線の盛岡〜新青森間で最高時速を現行の毎時260キロメートル(km/h)から320km/hへ引き上げる計画を発表しました。この計画に伴い、10月から騒音対策などに必要な設備整備の工事に着手します。

工事期間は2020年10月から約7年程度を予定しています。吸音板の設置、防音壁のかさ上げやトンネル緩衝工の延伸などを実施し、最高時速を60km/h向上して所要時間を最大5分程度短縮する計画です。

また、2018年5月から実施している、東北・上越・北陸新幹線の上野~大宮間での騒音対策設備工事が完了することから、2021年春頃に同区間の最高速度を110km/hから130km/hに引き上げ、最大1分の短縮となる予定です。

なお、両区間の具体的な速度変更の開始時期、ダイヤなどについては、決定次第発表されます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ