弘南鉄道大鰐線、駅ナンバリング&新駅名標デザイン導入

ニュース画像:大鰐線 新駅名票デザインの発表 - 「弘南鉄道大鰐線、駅ナンバリング&新駅名標デザイン導入」
大鰐線 新駅名票デザインの発表

©弘南鉄道

弘南鉄道は、大鰐線に駅ナンバリングを導入、これに合わせて駅名標のデザインを変更します。2020年10月10日(土)、大鰐線中央弘前駅ホームで新駅名票デザインの発表が行われました。

同社は、「りんご畑鉄道」として、大鰐線の魅力向上に取組む中、訪日外国人の利用者により分かりやすく、安心して鉄道を利用してもらえるよう、駅ナンバリングを導入するとともに、駅名標デザインを刷新し多言語化を実施します。駅ナンバリングデザインは、りんごをモチーフにし、弘南鉄道のKと大鰐のWの「KW」に各駅の数字が入ります。なお、新駅名標は、今後各駅に順次設置される予定です。

また同日、7000系「りんご畑鉄道」ラッピング電車が運行を開始しました。運行期間は2021年3月末までを予定しています。

期日: 2020/10/10から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ