都電荒川線、デジタルパス検証実験 スマホに磁気きっぷ取り込み

ニュース画像:東京デジタルパス 利用フローイメージ - 「都電荒川線、デジタルパス検証実験 スマホに磁気きっぷ取り込み」
東京デジタルパス 利用フローイメージ

©東京メトロ

東京メトロと東京都交通局は2020年10月27日(火)から10月30日(金)まで、新たなデジタルチケットのアプリ「東京デジタルパス」を技術検証します。利用者が自身のスマートフォンアプリを使用して磁気乗車券を読み取り、東京さくらトラム(都電荒川線)で利用し、使い勝手などを検証します。

新たに開発されたアプリ「東京デジタルパス」は、磁気乗車券とデジタルチケットを連動させます。磁気乗車券の有効期限をアプリで読み取り、東京さくらトラム乗車時に乗務員へデジタルチケットを提示して乗車する流れです。「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」または「Tokyo Subway Ticket」を対象に検証し、読み取り時の使い勝手、乗務員の視認性を確認します。

検証には、1都3県の男女60名が参加します。東京メトロは、東京で大都市型MaaSの取り組み「my! 東京MaaS」を開始し、東京都交通局と連携し、複数の交通機関を連携させる新たなマルチモーダル・サービスの構築に取り組んでいます。

期日: 2020/10/27 〜 2020/10/30

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ