東急、全路線88駅に忘れ物検知「Tileアクセスポイント」導入

ニュース画像:Tile イメージ - 「東急、全路線88駅に忘れ物検知「Tileアクセスポイント」導入」
Tile イメージ

©東急電鉄

東急電鉄は2020年10月26日(月)から、探し物トラッカー「Tile」と連動した忘れ物検知システム「Tileアクセスポイント」を、全路線88駅にを導入します。年間約37万件に上る忘れ物の返還率向上が期待されます。

「Tile」は、世界約195の国や地域で導入されている忘れ物検知サービスで、Bluetoothでスマートフォンと接続し、音を鳴らすことで「Tile」を取り付けた物やスマートフォンを見つけることができるシステムです。

今回、東急電鉄が導入した「Tileアクセスポイント」は、「Tile」が取り付けられた鍵や財布などの忘れ物が、駅窓口に届けられるとBluetoothで自動接続し、クラウド経由で位置情報を持ち主のアプリに通知します。

東急電鉄は、2018年7月から東横線・田園都市線の渋谷駅で実施した「Tile」試験導入の結果、一定の効果が見込めるものと判断、導入を決定しました。

期日: 2020/10/26から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ