五能線「キハ40・48形」引退間近 オリジナルサボ掲出

ニュース画像:五能線を走るキハ48形(レンタくんさん撮影) - 「五能線「キハ40・48形」引退間近 オリジナルサボ掲出」
五能線を走るキハ48形(レンタくんさん撮影)

©レンタくんさん

JR東日本秋田支社は2020年11月7日(土)から、「ありがとう『キハ40・48形』」と題して、五能線で引退間近の「キハ40・48形」にオリジナル行先票(横サボ)を掲出して運行します。

オリジナルサボの掲出は、「ありがとう『キハ40・48形』」企画第1弾で、歴代塗装のデザインを施したオリジナルサボを装着し当面の間運行します。該当列車は、東能代駅7時23分発弘前行、弘前駅16時28分発深浦行、深浦駅20時15分発東能代行です。

五能線では、12月から新型「GV-E400系」の営業運転が開始される予定です。現在運行している「キハ40・48形」車両は順次置き換えられ、来年には引退するとみられます。秋田地区向け「GV-E400系」は五能線のほか、津軽線の青森〜三厩間、奥羽本線の秋田~東能代間・弘前~青森間にも投入される計画です。

期日: 2020/11/07から

ニュースURL

自慢の写真、鉄道好きに公開できます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ