新幹線1編成に最大6以上の車椅子スペース、五輪に向け基準改正

ニュース画像:「車椅子用フリースペース」のイメージ - 「新幹線1編成に最大6以上の車椅子スペース、五輪に向け基準改正」
「車椅子用フリースペース」のイメージ

©国土交通省

国土交通省鉄道局は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、バリアフリー法に基づく移動等円滑化基準を改正し、バリアフリー整備ガイドラインの改訂を実施します。2020年10月30日(金)、新幹線の客室内に確保する車椅子スペースの詳細について公表しました。

国土交通省では、世界最高水準のバリアフリー環境を有する高速鉄道の実現を目指して、8月に「新幹線の新たなバリアフリー対策」をとりまとめました。このとりまとめに基づき、基準・ガイドラインを見直し、「車椅子用フリースペース」を導入します。

具体的には、1編成あたり1,001席以上のN700Sは6以上、500席から1,000席のE5・H5系、E7・W7系等は4以上、500席未満のE8系等は3以上の車椅子スペースを確保するように設定、2021年7月から適用する計画となっています。

ニュースURL

撮り溜めた鉄道写真、整理しませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ