JR東、E7系新幹線で自動運転試験 2021年10月から

ニュース画像:E7系イメージ(Kazoo8021さん撮影) - 「JR東、E7系新幹線で自動運転試験 2021年10月から」
E7系イメージ(Kazoo8021さん撮影)

©Kazoo8021さん

JR東日本は2021年10月から11月にかけて、JR東日本E7系新幹線電車を使用し、上越新幹線の新潟駅~新潟新幹線車両センター間で自動運転試験を行います。試験は回送列車で実施します。

同社では現在、グループ経営ビジョン「変革2027」に掲げている、ドライバレス運転の実現のため、自動列車運転装置(ATO)の開発を進めています。この開発の一環として、新幹線での自動運転の実現に必要な技術の蓄積と検証試験を行います。

E7系1編成12両を使用し、新潟駅~新潟新幹線車両センター間約5キロメートル(km)で試験走行し、その評価および課題の抽出を行います。なお、新潟駅~新潟新幹線車両センター間は利用客が乗車する「営業線」ではない「回送線」区間です。

今回の試験では、ATO機能を4つの観点で検証を行います。列車を遠隔で発車させること、ATOが自動的に列車の加速・減速を行うこと、自動で決められた位置に停車できること、緊急時には遠隔で列車を止めることができることの4点です。

また、同時期にローカル5Gを利用して高精細映像をリアルタイムに伝送する技術などの試験を行い、鉄道での5Gの活用の可能性を検証する予定です。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ