横須賀・総武快速線E235系 12月21日運行開始

ニュース画像:横須賀・総武快速線向けE235系(武田菱さん撮影) - 「横須賀・総武快速線E235系 12月21日運行開始」
横須賀・総武快速線向けE235系(武田菱さん撮影)

©武田菱さん

JR東日本は2020年12月21日(月)から、横須賀・総武快速線E235系電車の運用を開始します。

導入する車両は、E235系の11両編成を51編成、4両編成を46編成、計745両です。このうち、2020年度は8編成120両(11両×8編成・4両×8編成)を12月21日(月)から順次、投入予定です。

運用区間は、横須賀線の東京~久里浜間、総武快速線の東京~千葉間、外房線の千葉~上総一ノ宮間、内房線の蘇我~君津間、総武本線の千葉~成東間、成田線の佐倉~香取間と成田~成田空港、鹿島線の香取~鹿島神宮間です。

横須賀・総武快速線向けE235系の新型車両は、モニタリング技術を活用し、常に車両や設備の状態監視を行い、安全性・安定性の向上を実現します。加えて、停電などの異常時を想定し、最寄り駅などへ走行できる非常走行用電源装置を搭載します。車内には、デジタルサイネージを搭載し、案内画面を大型化、グリーン車では無料公衆無線LANサービスを提供、各座席へコンセントを整備するなど、車内設備を充実します。

期日: 2020/12/21から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ