東海道線特急「湘南」E257系で登場、さよなら185系「踊り子」

ニュース画像:E257系踊り子(わんべあさん撮影) - 「東海道線特急「湘南」E257系で登場、さよなら185系「踊り子」」
E257系踊り子(わんべあさん撮影)

©わんべあさん

JR東日本は2021年春、首都圏と伊豆方面を結ぶ特急「踊り子」をE257系電車のリニューアル車両に統一します。この車両を使用し、新たな通勤特急「湘南」を新宿・東京~小田原間で運転します。E257系への統一で、長年「踊り子」として東海道線で運用されてきた国鉄185系電車の定期運用がなくなり、この車両の引退が濃厚になりました。

E257系リニューアル車両は、9両が13編成、5両が4編成、計137両が投入されます。東海道線特急「踊り子」「湘南」として運用されます。

「踊り子」の定期列車の運転区間は池袋・新宿・東京~伊豆急下田間、東京~修善寺間です。「湘南」は、新宿・東京~小田原間を運転する通勤に便利な新たな特急列車です。「湘南」の運転開始に伴い、「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」は運転を取り止めます。

詳しい運行ダイヤ、実施時期の詳細については、改めて発表されます。なお、E261系を使用する「サフィール踊り子」は、今回のE257系電車リニューアル車両の対象外です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ